CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
賢治と月


今月17日より、恵比寿のGALERIE Malleにてグループ展に参加します。
テーマは宮沢賢治の物語と月にちなんだ作品(イラストレーション)です。
4人の作家による、作風の異なる作品展となります。
お近くにおいでの際は是非お立ち寄りください。

2018年7月17日(火)〜7月29日(日)
GALERIE Malle
12:00〜19:00 (最終日16:00) 月曜休廊
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4-8-3 神原ビル1階
Tel&Fax.03-5475-5054

参加作家: 浅羽容子 内木場映子 なかむら葉子 松井晴美



私は今回は全て紙版画で、小作品を5点出展いたします。

どうぞ宜しくお願いいたします。

| 個展&展覧会 | 15:05 | comments(0) | - | pookmark |
初夏の陽気です


桜が散り、温度差の大きい気候が続きますが
今週は初夏の空気が爽やかでした。



制作もじわじわと進んでいます。



工房の扉を開け放すと、風がとても気持ちがいい季節。





製版と試し刷りを繰り返して、
ひとつずつ完成に近づけていく作業が続きます。
| 制作 | 22:54 | comments(0) | - | pookmark |
春になりました
しばらく、完全にブログの更新怠っておりスミマセンでした!
相変わらずコツコツと制作続けております。(ノ∀`)



3月によくあることですが、突如雪が降ったりで、
そんな日は工房で凍えていましたが、ようやく春がきたようです。



今年は7月にグループ展に参加する予定があるだけにしていて、
あとは年内は目一杯制作することがあります。



今年は絵本の原画を制作してます。
全て銅版で、ほぼ多版多色。嬉しいような、ドキドキハラハラするような。



版の合わせ方などは、今回はやり方を今までのとは変えて、
より効率よく、精度の高い方法を試みています。



都内の桜は散りかけているけれど、今年も記録として。
職場近くの渋谷橋交差点からと、目黒川の桜。



今年は少ない制作時間を効率よく使って、
納得いくものをたくさん作りたいと思います。
| 制作 | 23:54 | comments(0) | - | pookmark |
積雪
年明け初投稿が雪の日となりました。
今月に入ってから4回目の工房での制作日。
今日はたまたま普段の仕事を休んで、この日は制作日と決めていました。
まさかこんなに雪が降るとは思いませんでしたが。(´Д`;)



午前中から降り始めて



工房内が暖まるまで



ストーブが何台あっても寒い寒い。



何と言っても、銅版が冷たい。作業台も冷たいし、まして銅版にかぶりついて作業しているから手元からの冷えもすごかったです。指先から震えました。



でもまあ、冬はこんなものですよね。
寒かろうが暑かろうが、銅版で作品作っている時が一番幸せです♪(*´∀`*)
| 制作 | 19:15 | comments(0) | - | pookmark |
年末です
早いものであっという間に年末です。
年末の勢いのまま、すぐに年が明けてまた新しい一年が始まります。



冬は日が暮れるのが早くて寂しい気持ちになりますが、
この時期の太陽の光はなぜだかとても美しく、尊いもののように感じます。



今年は正直なことろ、まったく思うように物事が進められなかったのですが、それも年内で納まりました。来年はがっつり制作できそうな予感です。そうであって欲しいと願うわけですが。



12月は実際銅版を触るまでにいかなかったのですが、(年末年始で気分と時間が空くのが嫌だったので)とにかく工房が寒かったので、年明けは防寒対策して臨みたいと思いました。インフルエンザの予防接種も受けました。

本年もありがとうございました!そして来年はもっと頑張ります♪
では、よいお年を!
| 制作 | 16:23 | comments(0) | - | pookmark |
晩秋
このところ日が落ちるのが随分と早くなりました。
もう冬の足音が聞こえてくるようです。



版画工房の帰り道など、夕日やススキに見とれながら。



自転車の移動もまだ快適。これから段々と寒くなりそうです。



工房内も日によってはとても冷えるので、時にはストーブの火を利用してジャガイモを茹でたりして楽しみます。



しっとり茹で上がったメイクイーンとバターがとても美味しかったです。



今月はじめにこれまで不確定だったいろいろが固まり、ようやく本格的に制作がスタート出来ることになり、ほっと一安心。



しかしこの年末モード突入の時期なので、公私ともに忙しく、年内の工房に出られる日もあと数日。どのタイミングで製版に入ろうかと考えながら下絵を描いたりしています。
| 制作 | 17:03 | - | - | pookmark |
秋晴れ
秋寒の雨の合間の晴れの一日に、自転車をこいで工房に行ってきました。
明日からまたしばらく雨だとか…。台風だとか…。



空が晴れているというだけで、こんなにも気持ちがいいものなのですね。
富士山は見えませんでしたが清々しい朝でした。



今月はじめにたくさんの新しい銅版が届きました。
あまりに大量の銅版に、マップケースに入れられるはずもなく、
空いているロッカーを2つほど使わせて頂きました。



この銅版たちは用途がしっかり決まっている子たちなので、
いろいろと準備をしながら出番を待っています。



今日はその前から作っていて、少し様子見で止めていた作品を再開。
何にでもタイミングってものがあるんです。きっと。
個展作品でもなんでも、一連の作品を作るにあたって、タイミングとか流れみたいなものをうまく調整できるようにならなければと思う今日この頃です。
| 制作 | 16:22 | - | - | pookmark |
秋のお彼岸
気がつけばもう秋のお彼岸の季節でした。
川辺に彼岸花が綺麗に咲いていました。
この日は日差しがとても強かったですが、空気は既に秋の風でした。



彼岸花は開花期間が短いのか、天気が慌ただしく変わるからなのか、
翌週に見たらほとんど散りかけていました。お彼岸は本当に季節の変わり目ですね。



なかなか手をつけられなかった銅版画の作業に、来月くらいから本格的に入れそうな予感です。



このところ友人作家たちからの展覧会の案内がチラホラ入り始めて10月は楽しみです。今年の自分はちょっと充電期間だなと思う今日この頃。
| 制作 | 14:02 | - | - | pookmark |
| 1/77PAGES | >>