CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
晩秋
このところ日が落ちるのが随分と早くなりました。
もう冬の足音が聞こえてくるようです。



版画工房の帰り道など、夕日やススキに見とれながら。



自転車の移動もまだ快適。これから段々と寒くなりそうです。



工房内も日によってはとても冷えるので、時にはストーブの火を利用してジャガイモを茹でたりして楽しみます。



しっとり茹で上がったメイクイーンとバターがとても美味しかったです。



今月はじめにこれまで不確定だったいろいろが固まり、ようやく本格的に制作がスタート出来ることになり、ほっと一安心。



しかしこの年末モード突入の時期なので、公私ともに忙しく、年内の工房に出られる日もあと数日。どのタイミングで製版に入ろうかと考えながら下絵を描いたりしています。
| 制作 | 17:03 | - | - | pookmark |
秋晴れ
秋寒の雨の合間の晴れの一日に、自転車をこいで工房に行ってきました。
明日からまたしばらく雨だとか…。台風だとか…。



空が晴れているというだけで、こんなにも気持ちがいいものなのですね。
富士山は見えませんでしたが清々しい朝でした。



今月はじめにたくさんの新しい銅版が届きました。
あまりに大量の銅版に、マップケースに入れられるはずもなく、
空いているロッカーを2つほど使わせて頂きました。



この銅版たちは用途がしっかり決まっている子たちなので、
いろいろと準備をしながら出番を待っています。



今日はその前から作っていて、少し様子見で止めていた作品を再開。
何にでもタイミングってものがあるんです。きっと。
個展作品でもなんでも、一連の作品を作るにあたって、タイミングとか流れみたいなものをうまく調整できるようにならなければと思う今日この頃です。
| 制作 | 16:22 | - | - | pookmark |
秋のお彼岸
気がつけばもう秋のお彼岸の季節でした。
川辺に彼岸花が綺麗に咲いていました。
この日は日差しがとても強かったですが、空気は既に秋の風でした。



彼岸花は開花期間が短いのか、天気が慌ただしく変わるからなのか、
翌週に見たらほとんど散りかけていました。お彼岸は本当に季節の変わり目ですね。



なかなか手をつけられなかった銅版画の作業に、来月くらいから本格的に入れそうな予感です。



このところ友人作家たちからの展覧会の案内がチラホラ入り始めて10月は楽しみです。今年の自分はちょっと充電期間だなと思う今日この頃。
| 制作 | 14:02 | - | - | pookmark |
気づけばお盆の時期でした。
前回のブログ更新から3ヶ月ぶりの更新となりました。汗
6月は色々と忙しく、工房での制作作業は出来なかったのですが
7月からは再開して汗水流しております。(ノ∀`)



振り返って7月の風景を。
ある日の午後、梅雨空に雪解けした富士山が霞んで見えました。



工房の裏手には紫陽花の小径があり、
様々な種類の紫陽花が咲き誇っておりました。



工房も相変わらず。夏場もエアコンが効いて快適に作業しています。
ただ雨天以外は自宅から自転車で通っているので、猛暑日はここにたどり着くまでが大変です。



着いてしまえば陽が傾くまで集中して作業に没頭します。



銅版も相変わらずコツコツ進めていますが



気分転換で紙版画も試したりしています。
いずれ紙版で多色もチャレンジしたいな。



なお、5月に作成した紙版画を詩集の表紙に使ってもらいました。(*´ー`)
| 日常 | 00:01 | - | - | pookmark |
紙版画やってみました
以前から気になっていた紙版画、今年になってとても素敵な紙版画の展覧会を見たこともあり私もやってみたいなと。連休中は工房が開いてなかったこともあり、自宅で紙版を作っていました。



さっそく先日、工房のプレス機で刷ってみたところ、
紙版も思った以上に綺麗に刷れるし、表情もなかなか面白いなと。



サンプルでもらって、使い道のなかった薄手の和紙などで刷ってみましたが
紙版との相性はぴったりといった感じです。



これからも余裕があるタイミングで、あれこれと試してみたいなと思いました。
| 紙版 | 12:01 | comments(2) | - | pookmark |
準備など
すっかり気候も暖かくなって、まるで初夏のような5月になりました。



工房から見える川沿いの景色も緑が濃くなりました。



先月一つ出来たのでまた次の作品のための銅版を準備。
一般的には版が完成してからプレートマークを磨くらしいですが、
私は最後の最後に版を傷つけるかもしれない可能性が怖いので、
最初にわりとしっかり磨いておきます。完成後も仕上げに磨きますが。



このサイズでこの枚数だと、プレートマークだけで半日くらいはかかります。



こちらは2月に打ち合わせて行った原宿の「アンセーニュダングル」さん。
先月行った時には、ツタがすっかり青々としていて
赤いヤカンも緑に映えます。



こちらのウインナーコーヒーがとても美味しいです。
| 制作 | 21:05 | comments(0) | - | pookmark |
近況
すっかり月一の更新になってしまいましたが、
制作の方はこつこつ続いています。



新しいく移転した先の工房からの眺めもなかなかです。
晴れた日は富士山が綺麗に見えたりします。



銅版を磨いて、プレートマークを削ってと。
今更ですが、今回は基本的なところからみっちり教えてもらっています。



多版多色の作品で、これは4版4色の作品。
今月中にはひとつ完成の予定。銅版は本当に楽しい!



楽しいといえば、工房を温めているストーブを利用して、
お昼にレトルトカレーを温めることも。



ご飯だけタッパーで持ってきて、近所のスーパーで揚げ物を買ってのせるとなかなかのボリューム!寒い間はこれがベストですが、もうじき暖かくなってストーブ使わなくなるかな?



それから、詩人で友人の村野優美さんの詩と対話の冊子「たぶの木」に作品とイラストカットを使っていただきました。(*´ー`)



内容は村野さんの詩と、村野さんと朗読家の松崎好男さんの対談です。おふたりの「ことば」や「対話」に対する真摯な想いが詰まっています。



そろそろ桜の咲く時期でしょうか。


| 日常 | 00:19 | comments(4) | - | pookmark |
慌てず急がずで
2017年が明けて、もう2月になっていましたね。
更新がだいぶ滞っておりましたが、元気にしております。
どうぞ今年も宜しくお願いいたします。<(_ _)>



昨年夏の個展の後に、工房が一度閉じてしまったのですが今月から場所を移して再開しました。先月末、新しい銅版が届きまして今月から制作を少しずつ始めています。



まだ工房自体も動き出したばかりで、工房の使い勝手も慣らしが必要な感じですが、じきに馴染むのではないかと思います。
今年はいつも以上にマイペースで、妥協のない作品作りをと思います。
| 日常 | 17:19 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/76PAGES | >>